右手にはワインを、左手にはビールを。

ワインとビールが好きな元酒売りのアラサーOL。 酒好き人間を増やすために時々筆を執ります。

ビール工場見学を甘く見るなと、夏が来る前に伝えたい

f:id:licocha:20170506220650j:plain

明日でゴールデンウィークも終わってしまうが、今年のゴールデンウィーク、どこか行楽に出かけたりはしただろうか。

近頃の世の中は、遊びに行く場所なんかも、すぐさまインターネットで調べられるようになった。例えばデートに行くとき、インターネットで「デート ●●(場所)」なんて検索したりすると、色々なデートスポットが画面上にずらずらずら~~っと並ぶので非常に便利である。

そんな中、意外と検索結果に出てくることが少なくないのが、工場見学である。

工場見学といえば、小学生の社会科見学でパン工場に行ったり、製紙工場に行ったりしたような思い出が私にもあるのだが、今となっては工場見学は立派なデートスポットにもなっているのである。

そして、言わずもがなビール好きにオススメしたいのが、ビール工場の見学。どうやってビールが作られるのか?そんな過程を楽しみつつ、最後には美味しいビールが待っているのである。

季節はすでに初夏。夏本番が来る前に、ビール工場見学の楽しさを伝えておこうかしら?なんて思う次第である。

  • ビール工場でどんなことができるの??
    • 素材のこと
      • 麦芽のこと
      • ホップのこと
      • 水のこと
    • 製造工程
      • 工場のラインも見れる
    • そして最後は……
  • 予約の仕方
続きを読む

サーティワンのアイスは私の中学生の思い出の結晶体なのかもしれない

f:id:licocha:20170505235625j:plain

私が中学生の頃、鉄板の遊び場だった吉祥寺。土曜の午前授業の後はそのまま吉祥寺へGO!なんてこともよくあった。

吉祥寺に着くと、駅のすぐ近くにはサーティワンのアイスクリームが。中学生の私たちは、毎度のようにダブルやらトリプルやらを食べていた。

そう、今考えると私の中学の思い出というのはサーティワンに集結しているのか?まあさすがにそれは言い過ぎかもしれないが、久しぶりにあの吉祥寺のサーティワンに行く機会があったので記事にしたためることにする。

  • サーティワンの由来
  • 意外と知らないサーティワンの異名とその歴史
  •  久しぶりに買ってみましたサーティワンのアイスたち
  • 今期間限定でこんなことしてるみたい
続きを読む

コリラックマが大好きな父親をもつ娘というのは世の中にどのくらいいるのだろうか

f:id:licocha:20170504011315p:plain

皆さんは、コリラックマというキャラクターをご存じだろうか。たれぱんだやこげぱん、そしてリラックマでお馴染みのサンエックスのキャラの一つだ。

私はコリラックマに対して、白いコグマキャラという認識位しかないのだが、実は私の父親はこの白いコグマが大好きである。昨年期間限定でオープンしたコリラックマストアにももちろん行っていた。

私の父親は外面的にはいわゆるお偉いさんなのだが、こういったギャップを持っているのは、なんというか生暖かい目で見たくなるものだ。(こんなこと言ったら怒られるかしら)

と、いうことで、この機会にコリラックマというものについて調べて、話のネタにしようと思う。

リラックマたちの設定

f:id:licocha:20170504151958p:plain

分からないことはとりあえずwikiに聞く。

そもそもリラックマのこともよくわからない私。とりあえずリラックマから調べてみる。

リラックマ

リラックマは一番有名な茶色いクマの着ぐるみだ。あれ、着ぐるみだって知らない人ももしかしたらいるかもしれない。

そして、もっと驚きなのが……

カオルさん宅にある日突然やってきて居候させてもらっている着ぐるみのクマ。背中にはファスナーがあり、水玉模様の布地がのぞくことがある。(着ぐるみの裏地も水玉模様の布地がついている。)その中身や正体はわからなく、年齢はない。苦手な季節は夏。

名言は「あくせくしたってはじまりませんぜ」「できるなら ず〜っとダラダラしていたい」「まあ ごゆるりと」などがある。
キイロイトリと、カオルさんに話しかける際は、基本的に敬語(丁寧語)で話す。独り言も丁寧語、コリラックマにも丁寧語である。一人称は「ワタシ」である。

リラックマ - Wikipedia

ここからわかるように、どうやらリラックマはカオルさんの家に住んでいるのだ。

誰だいカオルさん?と思われる方へ。

カオルさんはなんと25歳のOLである。25歳OLの家に住み着いている着ぐるみのクマ?なんとも面白い設定であるが、私なら、突然家に来た着ぐるみのクマ?にダラダラされるのなんて許さないぞ。。。

キイロイトリ

よく鳥と一緒にいるなあと思っていたが、あの鳥はキイロイトリという名前だという。

カオルさんが家で飼っているペットの鳥。リラックマが居候をはじめてから、自分でカゴから出てくるようになった。散らかしてばかり食べてばかりのリラックマとコリラックマのせいか、掃除などの家事をこなすが、コーヒーを点てるのが苦手。
いわゆるツッコミ役である。ダラダラしているリラックマをよく叱咤しており、リラックマの相変わらずの怠けぶりに困っている。 
楽しみは、座っているリラックマを山に見立てて、「くまのぼり」をすることと、2本の頭の毛をお手入れすること。リラックマ - Wikipedia

な、なんと掃除が好きだとな。ぜひうちに来てほしいものだ。それにしても、頭の毛を手入れするのが趣味というのは、なんとも言い難いむず痒さを感じる。。。

コリラックマ

さて、今回の本命、コリラックマである。

どこからともなくやってきた、謎だらけの白いクマの子。キイロイトリによって「小さなリラックマ」→「コリラックマ」と命名された。
幼い子供のようである。イタズラ、特に落書きが好き。
見た目はクマのようだが、胸には赤いボタンがついており、本物のクマではないらしい。ただし、リラックマの様な背中のファスナーはついていない。リラックマから「きみはどこのくまくん?」と聞かれており、もともと知り合いでもないらしい。
好物はイチゴ、リンゴ、サクランボ。実はイチゴの甘さを見分けられるらしい。リラックマ - Wikipedia

謎だらけの白いクマの子て(笑)リラックマと知り合いなわけでもなく、本物のクマなわけでもない。そりゃ確かに謎だらけだ。

 公式ツイッターもあるらしい。いつの間に栃木のとちおとめ大使にも任命されているようだ。イチゴの甘さを見分けられるからなのか。。。いいなあイチゴ、食べたいなあ。

twitter.com

コリラックマ大好きな父親のための我が家の誕生日会

ということで、コリラックマのことを調べたはいいが、成果は「イチゴ好きな謎多き白いコグマのぬいぐるみ?」ということだ。しかしまあ、可愛いのは認めよう。

そんなコリラックマ好きの父親には、昔こんな感じでパーティを開いたりもした。私の実家では、家族の誰かの誕生日にはホームパーティをする習わしになっているのだ。

f:id:licocha:20170504143533j:plain

ご覧いただくと分かるように、本当にコリラックマ率高い。ファンシーな誕生日会の始まりだ。

f:id:licocha:20170504143543j:plain

こちらはコリラックマお稲荷さん制作風景。

ちなみにレシピはこちらを参考にしてみた。

cookpad.com

キャラ弁を作る人たちは本当にすごい。こんなクオリティで子供が好きなキャラクターのお弁当なんか作れたら、子供は大喜びだろうなあと思う。

私も昔運動会でポケモンとかドラえもんとかののり弁を作ってもらったなあ。。。

さて、こちらはレアチーズケーキ。食べるのが勿体なくなる。

f:id:licocha:20170504011544j:plain

そして最後はクッキー。こちらもクックパッドを参考にして作った。

cookpad.com

f:id:licocha:20170504011535j:plain

これを見た父親はとても喜んでたなあ。

f:id:licocha:20170504011543j:plain

と、まあこんな感じである。コリラックマ大好きな父親がいると、こうして楽しい時も過ごすことが出来るよ、なんて言ってみる。

おまけ

妹のキャラ菓子はプロ級だ。

これは何でしょう、と問題を出してもきっとわかるはず。

f:id:licocha:20170504144134j:plain

そう、あらいぐまラスカルだ。今年はチェシャ猫なんて作ってほしいなあ。

www.cheers-winebeer.club

www.cheers-winebeer.club

www.cheers-winebeer.club

くるくる巻かれたロールケーキのわくわく感は異常

f:id:licocha:20170503200136j:plain

ふわっふわなスポンジに、濃厚なクリームをたーーっぷり中に入れて、くるくるっと巻かれれば、世にも魅力的な筒状ケーキに変身するそれは……そう、ロールケーキである。

普段ケーキを食べようとしたとき、じゃあロールケーキ!となることはそう多くはないかもしれない。だからこそあのくるくるロールケーキを食べるときは、私の中で結構特別感がある。そんな私のロールケーキ話。

  • ロールケーキを作る時に一番怖いのは、間違いなく巻くとき
  • いざ!ロールケーキ食べ比べ
    • ローソン プレミアムロールケーキ
      • コンビニスイーツと侮るなかれ
      • 毎月22日はいちごがついてくるらしい
    • 堂島ロール
      • 流石の有名店の味
      • 堂島ロールの美味しさの秘密
  •  わくわくするロールケーキ
続きを読む

12本のワインが入った大体20㎏の木箱を持ち上げなければならない時の咄嗟の対処法

 

f:id:licocha:20170501234757j:plain

多くの女性にとって、12本のワインが入った大体20kgの木箱を持ち上げる機会なんて、一生に一回もないだろう。大体30kgの岩塩の塊を転がしたことも、きっとないだろう。

しかしながら、しかしながら。万に一回来るかもしれないその時のため、今回は咄嗟の対処法をお教えしようと思う。

  •  なぜ私がそれを持ち上げる必要があったのか
  • ワインの木箱はもらえたよ
  • 肝心の対処法について
続きを読む

母の日に贈るならカーネーションよりワインがいいってブームが来たらいいのに

f:id:licocha:20170430224132j:plain

そういえばもうすぐ母の日だなあなんて、デパートの売り場を横目で見ながら、今年は何を送ろうかなんて考えたりする日曜の午後。そう、5月の第2日曜日は母の日だ。

母の日といえば赤いカーネーションのイメージだが、私の母はカーネーションが好きではない。同じ花にしても、真っ赤なバラが好きな私の母。さておき、好きではないと分かっていて贈るなんてことは勿論しないので、彼女の好きなものを考える自分。

毎年色々なものを贈っているが、あわよくば一緒に飲みたいという思いなんかもあったりして、ワインを贈ったこともある。

そもそもなぜカーネーションを贈るの?もともとワインを贈る習慣があれば……なんてトンデモナイことを考えつつ、記事を書いてみる。

  •  そもそも母の日にカーネーションを贈る理由
  • 私の母へ贈りたい母の日ワイン
    • ボランジェ ロゼ
    •  フェヴレ メルキュレ プルミエクリュ クロ  デ  ミグラン
  • ということで……
続きを読む

ゴールデンウィークにだらだら飲みたいおすすめ白ワイン3銘柄

f:id:licocha:20170429195207j:plain

今日からゴールデンウィークが始まった。

朝から言うことなしの快晴、行楽日和である。

私も人の集まるところに出かけたものだから、休日らしい人の熱気にウキウキしつつ、うっかり駅ナカの北海道フェアのもろこしチョコを買いそうになりながら過ごしたものの、やはり家に着くとだらだら~っとしたくなるものである。

今回はそんな時に飲みたくなる白ワイン3銘柄をご紹介。

ちなみにちょっとオタクくさい内容になっている。

  • ①トーマス・モレ シャサーニュ・モンラッシェ
  • ②ダヴィド・デュバン オート・コート・ド・ニュイ
  • ③ポール・ペルノ ピュリニー・モンラッシェ
  • お気づきだろうか。。。
続きを読む