右手にはワインを、左手にはビールを。

ワインとビールが好きな元酒売りのアラサーOL。 酒好き人間を増やすために時々筆を執ります。

季節がねこのおやつを変える

にほんブログ村 酒ブログ 海外ビール・地ビールへ
にほんブログ村

f:id:licocha:20180106191103j:image

近頃、ペットショップだけでなく、スーパーやコンビニでも猫用の食べ物が販売されているのをよく見かけるようになった。その中でも、「ねこのおやつ」と謳われたものが、いまや非常に多くの種類が並んでいるのだ。

ささみやジャーキーだけでなく、液状のおやつがここ最近でぐっと増えた。さらには、ペット用ケーキがあるくらい、ねこのおやつはどんどん進化しているのである。

猫愛がとめどなく溢れる自分にとっては、やはりここは押さえておかないといけないだろう。

ということで、、、ねこのおやつ、チェックだチェック!!!

 ご飯ではなく、「おやつ」という感覚

皆さんは、そもそも猫にもおやつってあるの?と疑問に思いはしなかっただろうか。いったい、ごはんとおやつに明確な差はあるのか……気になって仕方ない私は調べてみた。すると、だいたい以下のようにまとめられそうだ。

・ごはん:総合栄養食、いわゆる主食のこと。健康体でいるための栄養バランスが整っている食べもののこと。

・おやつ:間食のこと。ご褒美やコミュニケーションの時に与えられることを想定しているので、ご飯と比べて少量であり、カロリーが高めで、嗜好性が高い味わいのものが多い。そのため、おやつばかり食べると栄養が偏ったり、肥満体になる。

 

……なるほど。当たり前かもしれないが、基本的な考え方は全く人間と同じだ。色々な猫の食べっぷりを見ていて、おやつがあんなに喜ばれているのは、味わいに嗜好性が高いからなのである。ただし、やはり食べすぎは栄養の偏りとなってしまうようだ。猫と一緒に暮らしている人達は気を付けてあげたほうが良いかもしれない。

気を付けるにしたって、どうすればいいの?と思った方。ペットフードを販売している業者のホームページをいくつかさらって、専門家の見解を調べてみた。

まず、おやつを与える量について。1日当たりの総カロリー量の1~2割に留めるのが望ましいそうである。次に、タイミングについて。やはり、主食の食事の間の間食が良いらしい。まあ……おやつの味を知った猫がおねだりしてきたら、その時にあげるのが、一番猫にとっても嬉しいのは間違いない、うん、可愛くてついあげちゃうよね。うんうん。

私は、食事も酒も大大大好きだが、猫にとってもそれはきっと同じである。遊ぶ・食べる・寝るのは人も猫も一緒。好きなおやつがあったら、それは嬉しいに違いないのである。食べすぎには注意して、楽しく暮らしてほしいものである。 

猫が泣いて喜ぶ!!!!一時代を席巻したCIAOちゅ~る

さてさて、最近のねこのおやつとして、一躍有名になったのが、なんといってもCIAOちゅ~るである。

ちゅーるを食べて泣く猫や、がっついて食べる猫の姿が動画でも多々アップされているのを見かける。


ちゅーる食べて泣く猫

公式動画でも、数々の猫ちゃんがその美味しさにメロメロになっていることが分かる。 


【公式】CIAOちゅ~るMV「ちゅ~るしよ!」

 美味しそうに食べるんだこれが……。

味も、まぐろや、かつお、とりささみなどお馴染みのものから、サーモン、黒毛和牛、ほたてなどの文言まで見かける。なんて贅沢な。

こんなに美味しそうなのだから、きっと人間でも食べた人がいるだろうと思って検索したら、これがまたわんさかいた。

ある人は超薄味のレバーペーストと表現し、ある人は超薄味のツナ缶と表現する。

人間のレビューを見ていると、とりあえずかなり水分が豊富で、塩分は控えめ、ただかなりにおい付けはされているという印象である。

興味のある人は……って、すすめちゃダメか。ちなみに老猫は食べない子が多いらしい。

ちゅ~るだけじゃない、液体タイプのねこのおやつ!


f:id:licocha:20180106191014j:image 

 ちゅーるがこんなにも人気が出たのは、ねこのおやつ界では革新的だったからなのだろうが、今では多数メーカーからも液体タイプのおやつが出てきている。
「外はカリカリ、中はクリーミー」な、新しいねこのカリカリを出していることで有名なSheba(シーバ)も、とろ~りメルティという、なんとも美味しそうなネーミングで、発売されている。

アソート シーバ とろ?り メルティ 5種5袋

アソート シーバ とろ?り メルティ 5種5袋

 

 とどめのペット用ケーキ

 ということで、液体おやつがかなり有名になったが、今は猫専用のケーキまで買える時代である。

猫用 記念日ケーキ

猫用 記念日ケーキ

 

 勿論、材料的には安心、香りも猫好み(のはず)だが、メーカーによって材料が全く異なるようだ。あるところは、まぐろ・じゃがいも・アガー・豆腐などで、猫の好きなものをケーキに形どっているものもあれば、卵・砂糖・米粉・ヨーグルトなど、人間用のケーキに近いものもある。

随分幅広いようなので、外で買うことに若干の不安を覚えるものの、その気になればCOOKPADで話題入りしたような、カリカリ煮干しケーキも作ることができるのである。

cookpad.com

 愛する猫たちに捧げる、とびっきりのおやつ。好みも踏まえつつ、何を食べてもらう?そう考えるのが、また一つの

楽しみなのである。

 

www.cheers-winebeer.club

www.cheers-winebeer.club

www.cheers-winebeer.club