右手にはワインを、左手にはビールを。

ワインとビールが好きな元酒売りのアラサーOL。 酒好き人間を増やすために時々筆を執ります。

カエル好きにはたまらない、のびのび伊豆旅

にほんブログ村 酒ブログ 海外ビール・地ビールへ
にほんブログ村

f:id:licocha:20181120203558j:plain

葉っぱが赤や黄に色づき、紅葉散策が楽しい季節。様々な観光名所が紹介されている中、今夜のニュースでは京都嵐山に観光客が増えすぎているという、オーバーツーリズムの問題について流れていた。

移動のバスの中さえも混み過ぎて大変、というような様子で、旅で癒されるどころか疲れるんじゃないの!?という位の驚きだった。。。

さておき、先日行った伊豆高原への旅行は心底楽しめて、癒されて、リフレッシュできる旅だった。ということで今回は、のびのび旅がしたい人へのオススメスポットを紹介したいと思う。

いざ伊豆高原へ!なんでもかんでもモウマンタイの旅

f:id:licocha:20181120204948j:plain

 まずは酒好きとしてはお決まりの、、、

「車窓ビール」である。

昼からビールという贅沢さと、窓にビールタワー積みながらどれえらぼっかなーー???とにやけながら悩むのがまた楽しいったら!!!!!

初っ端から飲み過ぎじゃね?と思われるかもしれないが、これは4人旅なので全く持ってモウマンタイなのである!!

東京から伊豆なので程よく近く、程よく酔いが回ったころにはあっという間に駅まで到着。

外はあいにくパラパラとした雨模様だったが、これまたモウマンタイ。最初に向かったのは陶芸体験ができる八幡野窯である。

ワンちゃんもOK!地元の人にも人気の八幡野窯へ

伊豆高原の駅からタクシーに乗り込み、ワンメーターで行きついたのは、八幡野窯というところ。

www.jalan.net

最初は大きい粘土の塊をもらい、しばしビデオを観るのだが、既に粘土が目の前にあり、ビデオを見ている間も捏ねたくて捏ねたくて仕方ない私の心。

ただ、ビデオが終わると、およそ2時間くらい自分の満足のいくまでこねこねこねこねできる。

土で汚れてしまうので写真は撮れなかったが、お茶碗でもお皿でも箸置きでもコーヒーカップでも、なんでも作れる楽しい時間だった。

f:id:licocha:20181120210733j:plain

今まで陶芸をしたことはなかった私だが、自分と土の対面の時間がなかなか面白い。気を抜くとひしゃげたり割れ目ができたりヒヤヒヤするが、完成した姿を後日見ると、改めて満足感が。。。

旅で陶芸をするのもなかなかオツなものである。

こんなハイレベルな宿泊施設ある!?カエルだらけ、伊豆高原のアンダリゾート

さてさて、実は今回一番伝えたかったのが宿泊したホテル、アンダリゾート。陶芸の後はホテルに直行したのだが、このホテルがもう楽しいのなんのって。

www.jalan.net

この宿はバリ風のリゾートホテルなのだが、ありとあらゆるところにカエルがちりばめられた、面白いホテルなのだ。

入り口からカエルだらけ!バリの空気を感じながら

f:id:licocha:20181120203935j:plain

まずは最初のカエルが傘を差してお出迎え。

f:id:licocha:20181120205004j:plain

バスもカエル。幼稚園児にもどったようなワクワクしたような気持にさせてくれる。

f:id:licocha:20181120203857j:plain

 そして早速チェックイン!今の時代もちろんフリーWi-Fiなのである。やーん、このリアルさ……KAWAII。。。

f:id:licocha:20181120225005j:plain

そして部屋に向かう前にバリ風の服をピンク・茶・青・緑色から選ぶことができるのだが、私は一番人気のピンクを選んだ。

部屋に入って早速妹と写真を撮る私、この時テンションマックス↑↑である。

f:id:licocha:20181120225222j:plain

部屋の中は広々とした空間でお布団もゆったり。部屋の中で階段があり、上にまた2つ布団が敷いてある、いわゆる大人数用の部屋である。

f:id:licocha:20181120205017j:plain

まず何をしようかな?と思ったときにふと目に入ったのが観覧車みたいなPOP。エステは勿論展望台やパターゴルフ、ドクターフィッシュなど様々な施設があるようだ。

f:id:licocha:20181120205119j:plain

 ということで、まずはドクターフィッシュの施設へ。

f:id:licocha:20181120204859j:plain

あいにく雨のため中止だったが、普段は人気の施設のようだ。

タオル置き場まで可愛い。しかもこれは売店でも売っていて、買おうか迷ったくらいである。

f:id:licocha:20181120204842j:plain

お次はダーツ。隣は卓球場があり、隣でキャッキャウフフするカップルの横で家族でガチ勝負した。

f:id:licocha:20181120203800j:plain

いきなりのガイコツにどきっとしたが、どうやらハロウィン仕様だったようらしい。

カエルに抱き着くガイコツさんは中々にシュールだった。

f:id:licocha:20181120203817j:plain

さらにどんな施設が出来るかというと、次の通り。

カラオケ・ビリヤード・バトミントンなどなどなどなど、非常に遊べる施設が多いのである。

さらに、クラシックミニファミコンまで置いてあり、カービィやマリオ、ドンキーコングなど元ゲーマーの自分にとってはムネアツなゲームが沢山あった。

f:id:licocha:20181120205422j:plain

更に驚きなことに、なんと貸切風呂は無料。予約さえすれば広い貸切風呂を満喫できるわけである。 風呂も広々としていて極上タイムを満喫。

この頃にはお腹もグーッとなるほどすきっ腹になっていた。。。

お次はお食事!コースは勿論、夜食タイムは食べ放題

そしてお楽しみの食事タイムである。ここで出迎えてくれるのもシェフのカエルさん。

f:id:licocha:20181120204648j:plain

メニューは季節の食材のコースで、ワインやビール、日本酒すべてのお酒が飲み放題。このホテルは面白いことに、宿泊料と料理、入浴、カラオケなどの遊び、室内冷蔵庫の飲み物全て込み込みでの料金になっている。

苦手な食材があっても先に伝えておくことで、ホテル側も対応してくれる。

f:id:licocha:20181120204150j:plain

 これまた酒に合いそうな前菜が出てくる……!!

f:id:licocha:20181120203745j:plain

お刺身盛り合わせ。舟の形をしていてこれまたテンションが上がる。

f:id:licocha:20181120203720j:plain

よ、よ、よくみるとここにもカエルさんが……!!!!!

f:id:licocha:20181120203708j:plain

魅せる盛り付けで、家族連れも友達同士もカップルも大盛り上がりだった。 

f:id:licocha:20181120204617j:plain

さらに夜には「夜食タイム」と称しバータイムが設けられている。ここでも飲み放題で、夜食らしいから揚げやポテトからがっつり系ごはん、チョコレートフォンデュやケーキなどのデザートがビュッフェ形式で並べられていた。

f:id:licocha:20181120204005j:plain

バリらしいカクテルも。ムーディなランプがなんとも素晴らしい。

f:id:licocha:20181120203627j:plain

夜食タイムは皆が楽しみにしているようで、並んで入るくらいの人気っぷり。楽しい食事タイムとなった。

 遊び心も忘れない!?幸せのカエルたちを探せ!

これだけでも十分楽しかったのだが、このホテルにはさらなる遊び心あふれる遊びがあった。

それが、カエル探しである。毎日違う場所に色々なカエルのぬいぐるみがホテルのどこかに隠されており、そのカエルを撮影してホテルのフロントに見せると、プレゼントがもらえるという企画である。

f:id:licocha:20181120205239j:plain

階段を下りようと思ってふと上を見上げたら……!!!!!

f:id:licocha:20181120204028j:plain

 本気の卓球大会を終えてふとしゃがむと卓球台の下に……!!

f:id:licocha:20181120204719j:plain

 漫画や雑誌など色々な図書があるミニ図書館の植え込みに……!

f:id:licocha:20181120204743j:plain

 レストランに入ろうと思ってふと見上げると。。。

f:id:licocha:20181120204802j:plain

 あ……いた。いた、、、いたわあ。。。

いったいなんて場所にいるんだ笑

f:id:licocha:20181120204816j:plain

 そんなこんなでもらったプレゼントがこちら。

お菓子やお茶や四葉のクローバーの種、オリジナルエコバックをいただいた。エコバックがとても可愛い。

f:id:licocha:20181120205336j:plain

 それにしても、毎日違う場所に配置するのは大変だろうに、皆の楽しみのために頑張ってもらってると思うと、心に染み入るものがある……。

更にさらに!帰るまでにカエルを積んでお土産をもらおう

そんなこんなで非常に満喫しているのがお分かりだと思うが、最後にご紹介するのは、カエルつみである。

入り口近くにカエルの積み木があり、これを10個以上、もしくは15個以上を30秒以内に積むと、お土産があるというのだ。

10個以上がお菓子、15個以上がなんと次回宿泊無料券!!!!

こいつぁやるっきゃねえええぇ!!!!

そんなこんなでやりましたよ、ええ!!!!

f:id:licocha:20181120203651j:plain

ゲットだぜ!!!!!!!(妹が)

f:id:licocha:20181120203916j:plain

なーーんと可愛いかえるサブレ!!

 

ちなみにここの料金はだいたい一人20000円から。色々込み込みなことを考えると、決して高すぎる料金ではないように思う。

ぜひこのカエルパラダイスへ、遊びに行ってほしい。