右手にはワインを、左手にはビールを。

ワインとビールが好きな元酒売りのアラサーOL。 酒好き人間を増やすために時々筆を執ります。

ラスカルのアニメが流れる、世界名作劇場カフェに行ってきた

にほんブログ村 酒ブログ 海外ビール・地ビールへ
にほんブログ村

f:id:licocha:20181123010434j:plain

 皆さんの中で、最近アニメを観たという経験がある人はいるだろうか。私は、懐かしの「世界名作劇場」 より、1979年放送・全50話の『赤毛のアン』にどはまりして、ものの3日で一気見してしまった。

「世界名作劇場」 といえば、『あらいぐまラスカル』や『フランダースの犬』が有名だが、実はその「世界名作劇場」にはコラボカフェがあった。

今回はそのカフェに行った話なぞをしたいと思う。

きっかけは赤毛のアン

f:id:licocha:20181123232511j:plain

私は1990年7月生まれ、現在時点で28歳の人間だが、1979年当時に放送していた赤毛のアンにはまってしまった。

ストーリーとしては、1877〜1882年頃の物語で、孤児院で暮らしていた主人公、アン・シャーリーが、11歳でカスバート家に引き取られてからクィーン学院を卒業するまでの少女時代5年間を描いた作品なのだが、

これがまた主人公にとっては初っ端からハードモードの人生だったのである。物語の一話目、カスバ―ト家という兄妹2人が住むところに、農業の担い手として、男手が必要だった時に、男の子と間違えて引き取られたのが主人公のアン・シャーリー。彼女の見た目は赤毛でそばかす、見てくれは彼女自身が気にしてしまうほど、良いものではなかった。

空想癖も多く、話の途中に空想話が広がるものだから、色々な人からたしなめられたりするのだが、彼女の持ち前の明るさと賢さで、カスバート家の人々をはじめとした多くの人たちを感心させ、ついには主席になる。精神の成長過程や友情の物語が丁寧に描かれており、当時非常に人気だった作品の一つだったという。

ちなみに監督は高畑勲が演出・監督、宮崎駿が作画スタッフ、としてクレジットに名を連ねている。

宮崎駿さんといえば今やジブリで有名だが、高畑勲さんという方はTV第1シリーズのルパン三世の演出やアルプスの少女ハイジの演出、風の谷のナウシカのプロデューサーや天空の城ラピュタのプロデューサー、さらぶ火垂るの墓の監督・脚本、魔女の宅急便の音楽演出、おもひでぽろぽろの監督・脚本等々、、、非常に著名で実力もある方なのである。

 そんな二人が手掛けていたこの作品は、公開約40年後に観た私でも非常に面白いと思える位、秀逸な作品なのだ。

ちなみに今ならdストアから見放題なので、興味のある方はぜひご覧になってみてほしい。

 

 いざ橋本!!世界名作劇場カフェに突撃

 ということで、あまりにも面白かったので、コラボカフェに突撃した。このカフェは東京・橋本にあり、赤毛のアンのほか、あらいぐまラスカルやフランダースの犬などのメニューやアイテムが購入出来たり、壁には原画や当時の設定などが描かれている。

これは赤毛のアンの世界。

f:id:licocha:20181123010459j:plain

彼女の友人のダイアナと一緒に楽しそうにしている絵や、一人木に寄りかかっている絵が描かれている。

f:id:licocha:20181123010900j:plain

f:id:licocha:20181123011551j:plain

こちらは彼女たちの住む、カナダ東部にあるプリンスエドワード島のグリーンゲイブルズあたりの設定を描いたもの。ファンからしたら、これがアツいのなんのって……!!!

f:id:licocha:20181123010917j:plain

アン命名、「よろこびの白い道」である。彼女は何でもないところを色づけるように命名するのが得意で、見ている方も気分が明るくなるほどである。

f:id:licocha:20181123010906j:plain

ラスカルやフランダースの犬など。店内にはラスカルのアニメが流れていた。

f:id:licocha:20181123010915j:plain

赤毛のアンのラテアート。数々の名作劇場のキャラのラテアートを注文することが出来る。寒いこの季節には美味しいことこの上ない。

ランダムで色々なキャラクターのコースターを手に入れることが出来る。

ファンにはたまらないのである。。。

f:id:licocha:20181123010913j:plain

 言わずと知れたラスカルのパンケーキ。珍しいオレンジマーマレード風味で甘酸っぱい美味しさが口の中に広がって、

切るのがもったいなーい!!!

からの  ぺろり である。

f:id:licocha:20181123010916j:plain

さらに一定以上(確か2000円以上)のお買い上げでくじを引くことが出来て、キャラクターグッズをもらうことが出来る。

私はラスカルの可愛いタオルをゲットした。

f:id:licocha:20181123010914j:plain

ということで、 皆さんも懐かしいであろう世界名作劇場の物語、ぜひコラボカフェに遊びに行ってほしいのである。

意外と空いていて、並ばずに入れたので、実は今がねらい目かもしれないぞ……!!!!!!

 

www.cheers-winebeer.club

 

 

www.cheers-winebeer.club

 

 

www.cheers-winebeer.club