右手にはワインを、左手にはビールを。- そそぐTV -

食の世界に魅せられて。美味しい料理やお酒が好きなアラサーです。 「食のエンターテイメント」を、皆さんと共有出来たら良いなと思います。

やっぱ2000円台のシャンパーニュよりうまいもん飲みてぇよなと思わされたアンドレ・クルエのワインはボランジェともひと悶着あるとかないとか

最近私の妹から、サプライズでワインのプレゼントが届いた。

誕生日でもなく、結婚記念日でもない。

それは何でもない日に送られてきたのである。

 

 

ワイン界の白雪姫、「CHALKY」

12本箱で届いたそのダンボールの中には8本のワインが入っていた。

その中でも一際目をひいたのが、このワインだ。

あらまぁなんて白いのかしら。

ワイン界の白雪姫とでも呼ぼうか。

そう、このワインは箱まで白い。

なんでこんなに白いのかと思ったら、なんと名前が「CHALKY」ということでなんとなく想像がつくわけだが、実際に調べてみると、「白亜(Chalk)」はシャンパーニュのミネラリーを感じさせる素であり、それをボトルの中に表現し、「記録する」(Chalk Up)という意味で名づけられたそうだ。

 

飲んでみるとやはり特徴的なのはミネラルだ。シャルドネ100%なのでいわゆるブラン・ド・ブランらしいシャープさがあるのだが、ここでミネラルさが映えてきて、かなりの複雑味がやってくる。さらに瓶内熟成を約7年もの間行っているというのだから、その厚みもプラスされてより美味い。

全体的に重厚感があるということではなく、キレと複雑味がほどよく絡み合い、かなりの繊細さを覚える。

個人的にはパーティよりも自分の家でじっくり飲んでしまいたくなるような。

ワインとゆっくり向き合いたくなってしまうような。

 

アンドレ・クルエ(ANDRE CLOUET)

(引用:https://www.vintners.co.jp/france/champagne/andre-clouet/

このワインの作り手は、「アンドレ・クルエ(ANDRE CLOUET)」

クルエ家の先祖は、かつてルイ16世やナポレオンの側近として仕え、ナポレオンから譲り受けた領地で葡萄栽培やワイン造りをスタートさせたそうだ。

2004年にはスウェーデンの王がクルエを気に入り、60歳の誕生日パーティーにもクルエのシャンパーニュが振舞われ、同パーティーに現当主のフランソワも招かれたという。また、スウェーデンのシャンパーニュ専門家であるリチャード・ジューラン氏の著書「4000シャンパーニュ」では「ボランジェのようなスタイルと品質に向かっている」評価され、日本でも「死ぬまでに飲みたい30本のシャンパン」という評論家の著書などで紹介されるような作り手だ。

ボランジェとの確執

実は「グラン・クリュ(Gurand Cru)」の表記が可能であるにも関わらず、そうしていないアンドレ・クルエのワインたち。

これには実は理由がある。

実はアンドレ・クルエはかつてボランジェから、「ワインのエチケットのデザインが似ているから変えなさい」、という話をされたそうだが、実はそれは全くの言いがかり。アンドレ・クルエ側が「少なくとも1911年からこのデザインであった」旨を伝えると、今度はボランジェ側が「だったらデザインは一切変えずにそのままにしろ」という不条理な要求を突き付けてきたのだ。

若き日の当主は、この要求にOKを出してしまったため、今でもデザインを一切変えられず、もちろん「グラン・クリュ」の表記もできず終いだというわけである。

 

チョーキー以外にもたくさんのシャンパーニュがあるアンドレ・クルエ。

その値段は決して安いものではないのだが、近年スーパーでも見かけるような2000円台のシャンパーニュを飲むよりよっぽど幸せを実感できるワインばかりなので、是非機会があれば死ぬ前に飲んでほしいと思う次第である。

 

www.cheers-winebeer.club

www.cheers-winebeer.club

www.cheers-winebeer.club

 

 

 

バレンタインでなくとも、チョコレートを一粒ずつ食べるって結構しあわせ。

f:id:licocha:20220202160123j:plain

(参照:Bubo公式ホームページ)

 

2022年もあっという間に1月が過ぎ去り、気づけば2月が訪れてしまった。この時期になると、そろそろバレンタインどうしようかなと考える自分がいる。

バレンタインに異性に渡すチョコは手作り派だけれども、毎年この時期にだけ色々なパティシェが作る期間限定のチョコを食べるのを結構楽しみにしていたりする。

特に私が好きなのは、見た目にも鮮やかで、色々な味が楽しめるボンボン。

ということで、今回はネットショップでオンライン購入もできる、誰かに渡す用にも自分用にもピッタリの私のお勧めのボンボンを紹介していきたい。

  • ヨーロッパで初めてチョコレートが伝わった、スペイン・バルセロナ発のチョコレート店「Bubo」
  • 色とりどりのボンボンチョコレートたち
    • キューブボンボン ラブ
    • キューブボンボン アソート16種
  • 気になるお値段とボンボン以外のスイーツ
続きを読む

さむい寒いサムイ、そんな日のもつ鍋って最高じゃね?

f:id:licocha:20211209164958j:plain

12月に入り、本格的な寒さを感じるようになったこの頃、毎日のようにそれが思い浮かび食べたくなるもの……

それは、である。

昨日も食べたはずなのに、また今日も食べたくなる。

前回は豆乳鍋だったから今日は水炊き。ああキムチ鍋にちゃんこ鍋もいいなあ……。

最近の私はこんなものであるが、もしあなたがそんな鍋の気分のとき、例えば「もつ鍋」を食べたくなったそんな時におすすめのもつ鍋があるので、今回はそれを紹介していきたいと思う。

 

  • 本場福岡で100年も続く人気もつ鍋有名店、「もつなべ 一藤」
  • 果たしてネット通販はやっているのか……調べてみた
続きを読む

栽培・醸造方法はファーストラベル同様!5000円以下で買える超貴重なマルゴーワイン「マルキ・ド・モン」

f:id:licocha:20211026172007j:plain

ボルドーといえば格付ワインが何といっても有名だが、その中でも格付け第一級のシャトー・マルゴーを有し、ボルドー随一の香り高さとエレガンスを生み出す銘醸地マルゴー。その中で極上といっても過言ではない評判を持つマルゴーワインが、実は5,000円以下で手に入るとしたら、果たして試さずにいられるだろうか。

今回は、そんな非常に貴重な逸品のワインを紹介していきたい。

 

  • マルゴーワインの特徴
  • 生産者「シャトー・ラ・トゥール・ド・モン」
  • 繊細でしなやかなタンニン、フレッシュな酸、美しく端正なバランス「マルキ・ド・モン」
続きを読む

ジュヴレ・シャンベルタンで最も敬意を払われるべき生産者たちの一人、アラン・ビュルゲ

f:id:licocha:20211203134507j:plain

ブルゴーニュにあるジュヴレ・シャンベルタン村は、コート・ド・ニュイ最大の産地で、最も多くのグラン・クリュを擁しています。生み出されるワインたちは、男性的でありパワフル、また非常に長い熟成期間を経ても楽しめるという特徴があります。品格のある味わいは、ナポレオンが愛したという背景とあわせて、「ブルゴーニュの王」、「王のワイン」と呼ばれ、世界中のワインラヴァーから愛されています。

今回は、そんなジュヴレ・シャンベルタンの村名がつけられたワインたちの中でも優れていると評価されるワインの作り手「アラン・ビュルゲ」氏のワインについて紹介します。

 

  • アラン・ビュルゲ氏の評価
  • アラン・ビュルゲの歴史
  • 有機栽培のパイオニア
  • アラン・ビュルゲの醸造工程
  • アラン・ビュルゲのワインの味わい
  • ジュヴレ・シャンベルタン・メ・ファヴォリット
続きを読む

え!わたしの副反応すごすぎ!ひょんなことから新型コロナウイルスワクチン打ってみた(新型コロナワクチン接種体験談)

f:id:licocha:20210518011753j:plain

新型コロナウイルスの変異型が世間で猛威をふるい、2021年5月現在、日本各地で再度の緊急事態宣言が発令されている。

しかしながら、通勤状況や休日の繁華街の人出などを見ると、次のコロナ対策としての切り札ともいえるのは、やはりコロナワクチンの接種といえるだろう。

日本でも先行して医療従事者や高齢者の新型コロナウイルスのワクチン接種が始まっている最中であるが、実は日本はワクチン後進国と言われており、接種率は経済協力開発機構(OECD)加盟国の中でも最下位で、他と比較して大幅に遅れていることが分かる。

日本政府は新型コロナワクチンの供給スケジュールを公開し、ワクチンの大規模接種の予約も開始される。

とはいえ接種について分からないことや様々な不安がある方も少なくないと思われるが、実は先日、私にコロナワクチン接種のお手伝いをする機会があり、それに際して私も新型コロナウイルスのワクチンを接種したので、今回は少しでも参考になればと接種時のことやその経過について記していきたい。

※ちなみに参考までに、私は30代前半の女性である。今後就労中の方の接種も多くなると思うので、接種後の家庭での生活や仕事の際の経験談も書いておこうと思う。

 

  • 当日のワクチン接種の流れ
  • ワクチン接種後の経過と副反応について
    • 一日目(当日)
    • 二日目
    • 三日目
  • 感想とまとめ
続きを読む

ライバル生産者も畏敬の念を抱くほどのワイン生産者、ロバート・パーカーも注目、ロベール・グロフィエとは

f:id:licocha:20210413141233j:plain

(写真引用:https://www.millesimes.co.jp/wineinfo/wineinfo-799/)

突然だが、皆さんには「ライバル」が存在するだろうか。

自分と競い合う相手、そして高め合う相手。それがいわゆるライバルという存在だが、人生においてこういった存在は実は貴重なものであるように思う。素直に他者の功績を認めたうえで、自分を見つめ直し改める機会があるのは、幸運極まりないことである。

さて、今回はワイン業界において、その丁寧な仕事ぶりから他のライバル生産者からも畏敬の念を抱かれる偉大なブルゴーニュの生産者について紹介していこうと思う。

  •  一族に伝わる熟練の栽培手法と卓越した醸造技術
  • ロバート・パーカーも注目した丁寧な仕事ぶり
    • ヴィノス2020 年 12 月掲載2019年ヴィンテージに関する記事より抜粋|記者:ニール・マーティン
  • クリュごとのテロワールを見事に表現するワインたち
    • ブルゴーニュ・パストゥグラン
    • シャンボール・ミュジニー・レ・ザムルーズ
    • シャンベルタン・クロ・ド・ベーズ
    • ボンヌ・マール
続きを読む