右手にはワインを、左手にはビールを。

ワインとビールが好きなアラサー酒売り。 酒好き人間を増やすために時々筆を執ります。

MX4Dの映画でシティハンターを観た話

にほんブログ村 酒ブログ 海外ビール・地ビールへ
にほんブログ村

f:id:licocha:20190324201818j:plain

皆さんは、映画はお好きだろうか。

最近はアマゾンプライムやら色々な媒体で以前上映された作品が楽しめるので、私も昔に比べれば随分映画を観るようになった。

それでもやはり最新作は映画館で観たいもの。映画も進化しており、今では次世代シアターなんて呼ばれた体感型の4D映画も出てきている。

以前から気になってはいたものの、値段も普段より高く、なかなか手の出なかった私。

しかしながら、今回ある映画が上映されることに。

その名も……シティハンター!!!!

実のところドンピシャな世代ではないのだが、映画の宣伝もあり漫画やアニメですっかり冴羽さんファンになった私。

シティハンターの仕事といえばスイーパー。繰り広げられるカーチェイスやドンパチが、もし4Dで体感できるなら……?

今回はそんな記事を認めていきたいと思う。

4Dとは?

4Dとは、映画の様々なシーンに合わせた色々な演出により、それを体感出来るというのが魅力。シートが上下左右、前後に動くうえに、マッサージ器のような感じでシートにドンドンっと身体を突き上げられる。さらに、光や煙や水、香りや温度などの演出も可能で、まるでその場にいるかのような感覚に陥ることが出来るのである。

映画を観るだけでなく、よりリアルな体験が出来るのが4Dなのだ。

ちなみに料金は通常より1000円ほど高くなっている。身長制限に加え、高齢の方や妊娠中の方など、利用できない方もいるので、注意が必要だ。

MX4Dを体験することに

4Dには、いくつかの会社の上映システムがあるのだが、その中でもMX4Dは演出が多く、楽しめるという前評判だったため、MX4Dを体験することにした。

MX4DはTOHOシネマズの一部の劇場で観られる。

体感できる映画館一覧

TOHOシネマズでMX4Dを体感可能な映画館は以下の通り。

東京

新宿

六本木ヒルズ

西新井

府中

神奈川

海老名

川崎

ららぽーと横浜

その他関東

ららぽーと富士見

ららぽーと船橋

宇都宮

関西他

赤池(愛知)

二条(京都)

なんば(大阪)

鳳(大阪)

西宮os(兵庫)

岡南(岡山)

一番前の一番真ん中の席をゲット

普通の映画なら、首が痛くなってしまうので一番前には座らないのだが、MX4Dは一番前の真ん中の席がオススメ

というのも、演出のための機械が最前列に配置されていて、スクリーンから一列目までにちょうど良い距離が空くのだ。

 問題は、そんな良い席をどうやって取るかだが……私は先払いでチケットを購入した。TOHOシネマズは、当日から4日後までWEB上でチケットを取ることが出来る。

それなので、私は5日後の日程を早めの時間から取るつもりで待機し、無事に一番良い席を取ることが出来たわけである。

演出が凄い

さて、映画当日は、まずWEBで買ったチケットを発券。そしてドリンクとポップコーンを購入して入場時間までしばし待機。

そして、いざ入場しようとすると、 まずはチケットの半券を切るところでビニール袋を渡される。なんだろう?と思っていたら、シートが揺れることと、水に濡れることがあるということで、その対策(落とさない、濡らさないため)である。

そしてシートにつき、上映が始まった。

カーチェイスや銃や拳で戦うシーンなどで、こんな体感が出来た。

・シートのお尻から突き上げられる(楽しい!)

・シートの背中から押される(楽しい!)

・右側と左側から顔にミストがかかる(いい匂いする)

・風がぶわーっとかかる(目が開かない)

・ふくらはぎに空気砲がピスピス刺さる(楽しい!)

・スモークがもくもくする(楽しい!)

・フラッシュを浴びる(楽しい!)

最初は慣れず、効果にいちいちびくびくしてしまったものだが、これが次第に非常に楽しくなってくる。普通に映画を観ているより数倍面白い。全くストーリーを観る上での邪魔にもならない。自分がその世界観に入り込んでいく感覚と、アトラクションのような楽しみ方が出来る。

これが4Dか!

次世代アトラクション映画館、納得ものである。

 シティハンターの内容も今時に

 最後に、映画についてネタバレしない程度に少しだけ触れたいと思うのだが、シティハンターは依頼者が掲示板にXYZと記入することから始まる。


「劇場版シティーハンター <新宿プライベート・アイズ>」本予告第二弾 | 2019年2月8日(金)全国ロードショー

現代では勿論掲示板も撤去されているのだが、そこも現代らしく、スマホを使って依頼者が依頼。他にもドローンやロボットを用いた戦闘シーンなど、今時になっている。

驚きなのは、それでも全く違和感がないということ。冴羽さんは依然として格好いい。昔からのファンも、満足すること間違いなしだ。

ぜひ皆さんも、MX4Dを最高の形で体験してほしい。

 

 

 

www.cheers-winebeer.club

www.cheers-winebeer.club

www.cheers-winebeer.club