読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

右手にはワインを、左手にはビールを。

ワインとビールが好きな元酒売りのアラサーOL。 酒好き人間を増やすために時々筆を執ります。

日本酒もおつまみも美味しい居酒屋って最高じゃんよ

にほんブログ村 酒ブログ 海外ビール・地ビールへ
にほんブログ村

f:id:licocha:20170513201133j:plain

私は居酒屋が好きだ。チェーンの居酒屋にお世話になることもあるが、やはり趣向が凝らされた居酒屋なんかに当たると、非常にうれしい気持ちになる。

今回お邪魔した居酒屋は、日本酒に力を入れているという前評判。つまみも美味しいということで期待度大だった。

そんな期待を裏切らず、楽しいひと時を提供してくれた国立のある居酒屋さんをご紹介。

東京・国立にある居酒屋さん 木乃久兵衛

Welcome to kino's HP

国立駅から徒歩20分程歩いたところにある、木乃久兵衛という居酒屋さん。駅近ではないのだが、歩いているうちに程よくお腹が空いてきた。そしてこの後、絶対後悔しないということを実感することになる。逆に駅近だと人気すぎて入れなくなってしまうかもしれない、なんてことを考えるくらいだ。

超辛口の日本酒特集

f:id:licocha:20170513203309j:plain

ここでは、月ごとに特集をしているらしい。常連さんも飽きさせない、面白い試みであると感じた。

ちなみに5月は「超辛口の日本酒特集」。

8種類の超辛口酒の中から3つ選べる利き酒セットが魅力的。

 

もちろん頼まないわけはないだろう。。。

 

ホームページから今月の特集内容が見られるようになっている。

「利き酒セット¥850」(下記のお酒より3種をえらんで下さい)

●三千盛(岐阜)純米大吟醸 美山錦 45% +11 1.4 ¥600
(柔かな旨味が口中に広がり、爽やかで切れの良い辛口の銘酒)
●大信州(長野)純米吟醸 ひとごこち 59% +11 1.5 ¥600(穏やかな吟醸香で、スッキリとクリアーな辛口酒。)
●るみ子の酒(三重)特別純米 八反錦 60% +14 1.5 ¥550(ほのかな香りで、ふくよかさのある辛口酒。)
●来福(茨城)純米吟醸 ひたち錦 55% +18 1.7 ¥550
(香りを抑え、シャープな辛さの男の酒。)
●上喜元(山形)特別純米 雪化粧 55%  +12 1.3 ¥500
(柔らかな口当り、ドライで切れが良く、ほのかな吟香を感じる酒。)
●花垣(福井)純米 五百万石 60% +12 1.6 ¥500
(花垣流完全発酵の純米辛口。じっくりと味わいある変化を感じてください。)
●東北泉(山形)純米 出羽の里 70% +20 1.8 ¥450
(心白率が高い出羽の里の上品な香りで、旨味ある辛口です。)
●くどき上手・ばくれん(山形)吟醸 美山錦 55% +20 1.4 ¥450(江戸時代のじゃじゃ馬娘ラベルの、品の良い香りで、キレの良い酒)Welcome to kino's HP

f:id:licocha:20170513203920j:plain

このような感じで、お通しと一緒に運ばれてきた利き酒セット。

お通しも三種類あり、酒飲みには嬉しい限りである。

超辛口と一口に言っても、もちろん酒によって全然異なる。飲み比べは楽しくて仕方がない。この利き酒セットだけでなく、単品でも色々頼んでしまった。

どれがどんな感想だったかは敢えてお伝えしないが、ほのかな香りからの優しい飲み口なのにしっかり辛口だなあとか、シャープな辛さを追求しているなあとか、これはコクをじっくり楽しむタイプだなあ……など、酒ごとのキャラクターは全く異なって面白い。

おつまみにいきますよ

つくね

f:id:licocha:20170513210241j:plain

このつくね、もちろんタネに工夫が凝らされている。

ほのかな梅の風味がアクセントになって、とてもとても美味しい。食欲が倍増してしまうのを感じた。

店長自慢のメニューということ、まこと納得である。

新じゃがフライ

f:id:licocha:20170513210510j:plain

新じゃがが美味しい季節だ。一口サイズのコロコロした新じゃがフライ。嫌みな油分など全くなく、ホックホクで美味しいフライ。じゃがいも好きな私は、あっという間に食べてしまう。

筍のまるごと煮

f:id:licocha:20170513210708j:plain

旬のものといえば、筍。立派な筍煮に、大根おろしとソラマメが添えられている。この色味だけで食欲がそそられるが、一口食べると筍の甘みの美味しいこと美味しいこと。大根おろしを合わせると……くーーーっ、うまい。

旬に勝るものはない。とても満足した一品である。

おさかなカツ

f:id:licocha:20170513212859j:plain

初めて食べるお魚カツ。イワシか何かだったかしら。お肉だと正直重いのだが、お魚なので非常にちょうど良い重さ。日本酒にもよく合うこの一品、美味しかった。

揚げだし豆腐

f:id:licocha:20170513212933j:plain

出てきたのは真っ白な揚げだし豆腐。美しささえおぼえる白さ。もちろん……当たり前に美味しいのである。上品な味わいだった。

このタイミングで甘口のお酒が出てきたわけで

f:id:licocha:20170513213347j:plain

知り合いが勤めている店ということもあり、一杯サービスしていただいた。サービスされたのは、鍋島の特別本醸造。

こちらは日本酒度マイナス6度の甘口酒。辛口に舌が慣れたところでこのお酒を飲んだ時のうまさといったら……衝撃である。

非常に、非常にうまい。柔らかな甘みに、舌が喜んでいる。辛口を楽しんだ後にこれを提案してくださった店長。

甘口の楽しみ方の真骨頂を見た気がした。。

〆は焼きおにぎり

f:id:licocha:20170513215349j:plain

お味噌が塗ってある、こちらの焼きおにぎり。米も白米ではなく、おそらく穀物が含まれたおにぎりなのだろうが、これがまたホッとする旨さ。変に主張をすることもなく、とにかくホッとする。一言で表すとすると、〆として完璧な一品だ。

満足、満足!!

と、いうわけで、大満足でこの店を後にした私。

全体的に、揚げ物多めに食べたかな?という感触。実はお刺身も食べたのだが、あまりの美味しさに写真を撮るのも忘れてしまった。

このお店、今年は定番メニューを減らして、旬のメニューを出すという方針らしい。お酒の特集といい、とても良く考えられているなあと感心してしまう。

日本酒好きは、ぜひ行ってみてほしい。

www.cheers-winebeer.club

www.cheers-winebeer.club